音楽

声の役者となれる

女性

声優となるためには声優学校に行くことが一番の近道です。声優学校で声の役者としての基礎を身につけることで、高い表現力を獲得することができるでしょう。日本各地に存在するので、誰でも地元の学校で学べます。

Read More...

需要ある絵の仕事

女性

かわいいイラストは商品に華を添えてくれるので、街中の至る所にあります。需要のあるイラストレーターとなるためには、専門的に技術や知識を学べる高校に進学する必要があります。基礎のデッサンから学べるので初心者でも学べます。

Read More...

地道な努力が必要

漫画家になりたいと思ったら、とにかく描いて描いて描きまくりましょう。

女性

絵を描く事の好きな方なら、漫画家になりたいなと思った方も少なくないと思います。絵を描く事と漫画を描く事は描くという意味では同じですが、漫画には人それぞれですが、手順や規則があります。なので沢山描かないことには、いい作品は作れません。 漫画家になりたいと思い一番最初にする大切な事とは、まず、作品を一つ仕上げるという事だと思います。そしてそれをプロに見てもらう。第一歩はそこです。絵を紙に描くのではなく。規則に従って漫画をつくるのです。考えてるだけではダメです。ペンを走らせましょう。上手に書こうとする事もはじめはしなくていいと思います。仕上がれば丁寧かついい作品ですが、仕上がらなくてモチベーションが下がって、途中でやめてしまうなら、丁寧さや絵の上手さは後からまた上達していけばいいものです。漫画家になりたい、そう思ったらとにかく仕上げるのです。

作品のプロットをねってみよう。

漫画をかくにあたって大事なのは話です。話は、人でいう内面部分です。どんなにかっこよくても中身が酷ければ人気者にはなれません。かっこよくなくても楽しくて面白ければ人気者になれます。話の考え方は人それぞれですが、少女漫画なら自分が体験した事などを軸にして考えるのが簡単かもしれません。自分が何を描きたいか、伝えたいかという事を考えながら、初めは、起承転結で大まかにあらすじを書いて、そこから細かく話を膨らまして行くとスムーズに出来ると思います。次はコマ割りです。話にそってコマを割り当てるのですが、見せ場は大きいコマにしたりすると印象深く読み手に残せます。次は登場人物をコマの中で動くように書き入れて、吹き出しの位置など、規則にそって入れていくのです。後は下書きペン入れトーン貼りなどして、封筒に入れて憧れの漫画雑誌社に投稿です。結果を待つドキドキの日々です。結果がかえってきたら、それをまた目標にして2作品目です。しつこくいいますが、漫画家になりたい、そう思ったらとにかく一つ作品を仕上げて投稿してみましょう。

漫画家やイラストレーター、声優など、クリエイティブな仕事には才能が必要となりますが、それ以上の地道な努力は欠かせません。東京にある専門学校では、こうした技術を学べるため、通うことでクリエイターとなる夢を後押ししてくれるのです。特に最近では声優のメディア露出も増え、需要がある仕事なのでたくさんの専門学校が林立しています。本格的なボイストレーニングなどに力を入れている学校もあるので、比較サイトなどの一覧してよりよい学校で学びましょう。

技量が向上する

女性

声優になる道は険しい物であるため、きちんと技術や知識を学べる専門学校に通う必要があります。感受性などが身につくほか、他の人の演技を見るなどして切磋琢磨に技量を向上させることができるでしょう。

Read More...

Copyright ©2015 目指せ声優!学校一覧で良いとこ探ししよ!|自分の夢を叶える All Rights Reserved.

Designed by Free Flash Templates